FC2ブログ

スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SNSと死

08 03, 2012
自分の死後、予め書いておいたメッセージを登録した友人たちに送信するサービスがあるらしい。
死んだ後、「これを読んでいるということはこの世に私はもういません」というような言葉で始まる、まるで映画のようなメールが突然来たらどんな風に思うのだろうか。さらには設定しておけばPCのHDD内のデータを全て消去するものもあるらしく、これもいわゆるCloudというものらしい。

先月31日、49歳の誕生日を目前にしていた友人のカメラマンが急死した。最初はただそれだけの情報と近親者のみで密葬を執り行い、後日お別れ会をするという連絡が来たのはfacebookの友達からだった。私も亡くなった友人とはfacebookでつながっていたから、早速、チェックすると7月27日にあるメーカーに「いいね』がチェックされていてそれが最後のよう。その後、彼のfacebookには多くの友人が悲しみのメッセージを書き込んだり、優しく微笑む写真をアップしている。

facebookをやっている人はわかると思うけど書き込みや写真は、操作をしない限り、彼が今まで書き繋いできたタイムラインにアップされ続ける。そうして過去にほんの少しずつ未来が増えていくんだと思う。積極的に使えば自分の書き込みに友人たちが手を加えた“自伝”のようなものにfacebookというツールが役立つのかもしれない。もちろん、消したい過去というものは誰にでもある訳だから、その自由も保証されなければならない。私たちはそんなことを意識しながらSNSと巧く付き合うことが求められる。私は書き込む情報の量を意識しながら、今しばらくSNSに付き合ってみようと思っている。

彼の死後、facebookに書き込んでいる彼の友人の言葉を読むと、徐々にその日までの足跡がわかってくる。前日には私の事務所そばの銀行に来ていた。そしてその深夜、仕事のため高速を飛ばして長野に入りPAで仮眠を取っている時に心筋梗塞に襲われ翌朝に発見された。ひとりぼっちだったんだ。全ての予算に厳しい時代。昔ならばもう少し余裕のあるスケジュールで行くことが可能だった………。

明るくなっていく高原の朝焼けを彼は見たのだろうか。合掌。

(久しぶりにブログを触って誤字脱字の多いこと。修正加筆しました)




0 CommentsPosted in 思うこと
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
電力使用状況&電気予報
新しいコラム
頭の中
リンク
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ご来訪ありがとうございます
カウンターの数字が増えていると、大変嬉しく励みになります。
私のこと

あんなかまこと

Author:あんなかまこと
福島県会津若松生まれ。万博の年に東京へ転居。四谷界隈で仕事をし、荒木町で飲んで食べて20年。販売促進広告制作を主な業務に広告代理店を営んできた。今、様々なことをリセットし新しい発見を模索中。

月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。