FC2ブログ

スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

揺るぎのない芯を感じます

04 29, 2011
kato_tsubusa_JRnagoya-takashimaya01.jpg
最初に拝見した白磁の作品は濃紺(呉須)の抽象的な絵柄が大胆に踊る皿だったような。それから十数年は経っていると思います。その先端に触れれば欠けてしまいそうな危うさを持つ花器や、どっしりとした土の塊のような水滴、スッと吸い込まれてしまいそうな清流の“よどみ”を想わせる大皿など、磁土の魅力を大胆さと繊細さで引き出した力強い作品。NYやソウルでも高い評価を得ている作家さんです。

加藤委(かとうつぶさ)さんの個展が4月初旬のJR名古屋タカシマヤでに続き、来週から日本橋高島屋で。
ご興味のある方は、ぜひ!

加藤委展 サンカクノココロ
期間:5月4日(水・祝)~10日(火)
場所:日本橋高島屋 6階 美術画廊

0 CommentsPosted in アートを楽しむ
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
電力使用状況&電気予報
新しいコラム
頭の中
リンク
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ご来訪ありがとうございます
カウンターの数字が増えていると、大変嬉しく励みになります。
私のこと

あんなかまこと

Author:あんなかまこと
福島県会津若松生まれ。万博の年に東京へ転居。四谷界隈で仕事をし、荒木町で飲んで食べて20年。販売促進広告制作を主な業務に広告代理店を営んできた。今、様々なことをリセットし新しい発見を模索中。

月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。